システムエンジニアとプログラマーの役割

SEとPG

今やITシステムはビジネスの進捗管理や企業活動になくてはならないものになりました。特に大きな企業であればあるほど、扱う顧客情報や案件の量も多くなってくるため、それらを管理するためにもシステムの導入は必須となっています。 それに伴いシステム開発で重要な役割を担うシステムエンジニア(SE)と、プログラマー(PG)の需要が高まっているため、共に慢性的な人手不足となっております。 OJT(業務をしながら身につける)形式で教育・育成していく会社や自社でスクールを開催し、技術を習得させていく会社も多く、未経験者の方でもシステムエンジニア(SE)やプログラマー(PG)を目指す方は多数おります。 システムエンジニア(SE)と、プログラマー(PG)の求人は情報誌や求人サイトなどでもよく見かけ、求職者の人気も高い職種です。 こちらのページではこの2つの職種について説明いたします。

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニアの定義は企業や団体などによって異なることがありますが、主にシステム開発やソフトウェア開発において、要件定義・見積もり・設計などの上流工程を行う人のことを指します。 クライアントと直接やりとりする機会が多く、現在抱えている問題点や必要な機能などを正確にヒアリングする必要があるため、技術的な知識だけでなくコンサルティングに関する知識や経験も要求されます。また後述するプログラマーに指示を出すのもシステムエンジニアの役割であり、コミュニケーション能力も重要です。

プログラマー(PG)とは

SEが設計した内容を、PHP、C#、C++、Javaなどのプログラミング言語を使い、忠実に形にしていくのがPGの役割です。クライアントの希望に可能な限り沿えるよう、完成するまでの間のSEとの連携が鍵となります。 プログラマーとして働く上で技術力はもちろん必要になってきますが、クライアントからの要望で急な仕様変更などになることも多く、柔軟な対応ができることも大切になります。 また、テスト・納品・レビュー・リリース・アフターフォロー・ヘルプデスクを一貫して担当することも珍しくないため、求人の段階でコミュニケーション能力を求める記載があることも見受けられます。

コンピュータ関係の職業を目指す

学びながら就職する

経験者を求める求人は数多く見受けられますが、未経験や初心者を採用する企業は少ないです。実際に、応募をしてもなかなか採用に辿りつけず、プログラマーやシステムエンジニアを諦めてしまう可能性もあります。 また、未経験や初心者での就職は不安なので、基本的な知識や技術を身に付けたいとお考えの方も多くいらっしゃいます。 当社ではスクールを開催しておりますので、学びながら勤務先を探すことが可能です。 知識と技術を高めながら、自分に合った案件を見つけることができるので、過去にプログラマーやシステムエンジニアのお仕事探しに失敗された方も安心です。 未経験からまずは契約社員としてスタートし、スクールにて知識や経験を身に付けた方が多くいます。 大阪など関西のクライアントを中心に担当している当社のサイトでは、求人情報の公開も行っています。 当社のスクールにて、知識や技術を学びながらシステムエンジニア・プログラマーを目指すことができるので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。