プログラマーとしての転職

資格を持っていると就職に有利である

自分が目指す職業に対して、取得が必要な資格、持っていると有利になる資格、役立つ能力などがあります。 また、PG転職を目指す場合は、指定された資格はなくとも、それと同様の知識や技術が要求されることがありますので、しっかり確認しましょう。 資格と実力が、必ずしも比例するものではないという意見もありますが、資格を持っているということは、様々な角度から評価の対象になります。

資格の内容ももちろんのこと、採用する立場の目線は資格取得までのプロセスに向けられていることも珍しくありません。 PG・SE転職を目指す決意を固めたら、求人要項に記載のある必要な資格や能力についてリサーチし勉強しておきましょう。

プログラマーの雇用形態

転職する際、経験者の方は知識や経験が十分にあることを履歴書や面接でアピールすることが重要です。採用する立場から見れば、未経験者でも資格を取得しているということが安心材料の一つとなります。 また、転職先の雇用形態も気になります。正社員か契約社員なのか、給与はいくらかなどよく確認した上でより良い待遇・雇用形態で転職することをおすすめします。

正社員

雇用期間に定めがなく給与形態も安定しています。また、福利厚生や教育研修が充実しており、責任ある仕事を経験することでキャリアアップに繋がります。

契約社員

雇用期間に定めがある以外は正社員との違いはほとんどありません。実際にプログラマーのお仕事をされている方は、契約社員を希望する方も多くいらっしゃいます。

個人事業主(フリーランス)

個人事業主としてお仕事を希望する方もいらっしゃいます。仕事の案件ごとに契約する形になりますので、自由に案件を選ぶことができます。 幅広いクライアント、幅広いケースの制作案件に関われるということが魅力の一つではないでしょうか。 多くの現場で経験や技術を身に付けたいとお考えの方におすすめいたします。

大阪でPG転職を目指す

当社は大阪市を拠点にシステム開発を行っております。面接は営業時間内だけでなく、平日夜間や休日も対応しております。当社にお越しいただくことが難しい場合もお気軽にご連絡ください。元技術者の担当者があなたのご希望を技術者目線でしっかりとお伺いいたします。当社で正社員として働き経験を積んだ後は、営業やPCスクールの教育者としての道もあります。