catch

システムエンジニアとプログラマーの役割

SEとPG

今やITシステムはビジネスの進捗管理や企業活動になくてはならないものになりました。特に大きな企業であればあるほど、扱う顧客情報や案件の量も多くなってくるため、それらを管理するためにもシステムの導入は必須となっています。 それに伴いシステム開発で重要な役割を担うシステムエンジニア(SE)と、プログラマー(PG)の需要が高まっているため、共に慢性的な人手不足となっております。 OJT(業務をしながら身につける)形式で教育・育成していく会社や自社でスクールを開催し、技術を習得させていく会社も多く、未経験者の方でもシステムエンジニア(SE)やプログラマー(PG)を目指す方は多数おります。 システムエンジニア(SE)と、プログラマー(PG)の求人は情報誌や求人サイトなどでもよく見かけ、求職者の人気も高い職種です。 こちらのページではこの2つの職種について説明いたします。

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニアの定義は企業や団体などによって異なることがありますが、主にシステム開発やソフトウェア開発において、要件定義・見積もり・設計などの上流工程を行う人のことを指します。 クライアントと直接やりとりする機会が多く、現在抱えている問題点や必要な機能などを正確にヒアリングする必要があるため、技術的な知識だけでなくコンサルティングに関する知識や経験も要求されます。また後述するプログラマーに指示を出すのもシステムエンジニアの役割であり、コミュニケーション能力も重要です。

プログラマー(PG)とは

SEが設計した内容を、PHP、C#、C++、Javaなどのプログラミング言語を使い、忠実に形にしていくのがPGの役割です。クライアントの希望に可能な限り沿えるよう、完成するまでの間のSEとの連携が鍵となります。 プログラマーとして働く上で技術力はもちろん必要になってきますが、クライアントからの要望で急な仕様変更などになることも多く、柔軟な対応ができることも大切になります。 また、テスト・納品・レビュー・リリース・アフターフォロー・ヘルプデスクを一貫して担当することも珍しくないため、求人の段階でコミュニケーション能力を求める記載があることも見受けられます。

プログラマーとしての転職

資格を持っていると就職に有利である

自分が目指す職業に対して、取得が必要な資格、持っていると有利になる資格、役立つ能力などがあります。 また、PG転職を目指す場合は、指定された資格はなくとも、それと同様の知識や技術が要求されることがありますので、しっかり確認しましょう。 資格と実力が、必ずしも比例するものではないという意見もありますが、資格を持っているということは、様々な角度から評価の対象になります。 ・キャリア構築の過程で、努力や勉強を形にしてきたこと ・資格取得を目指すということは、極める向上心を持っているということ ・スキルのラインを客観的に証明できる 資格の内容ももちろんのこと、採用する立場の目線は資格取得までのプロセスに向けられていることも珍しくありません。 PG・SE転職を目指す決意を固めたら、求人要項に記載のある必要な資格や能力についてリサーチし勉強しておきましょう。

プログラマーの雇用形態

転職する際、経験者の方は知識や経験が十分にあることを履歴書や面接でアピールすることが重要です。採用する立場から見れば、未経験者でも資格を取得しているということが安心材料の一つとなります。 また、転職先の雇用形態も気になります。正社員か契約社員なのか、給与はいくらかなどよく確認した上でより良い待遇・雇用形態で転職することをおすすめします。

正社員

雇用期間に定めがなく給与形態も安定しています。また、福利厚生や教育研修が充実しており、責任ある仕事を経験することでキャリアアップに繋がります。

契約社員

雇用期間に定めがある以外は正社員との違いはほとんどありません。実際にプログラマーのお仕事をされている方は、契約社員を希望する方も多くいらっしゃいます。

個人事業主(フリーランス)

個人事業主としてお仕事を希望する方もいらっしゃいます。仕事の案件ごとに契約する形になりますので、自由に案件を選ぶことができます。 幅広いクライアント、幅広いケースの制作案件に関われるということが魅力の一つではないでしょうか。 多くの現場で経験や技術を身に付けたいとお考えの方におすすめいたします。

大阪でPG転職を目指す

学びながら就職する

当社は大阪市を拠点にシステム開発を行っております。面接は営業時間内だけでなく、平日夜間や休日も対応しております。当社にお越しいただくことが難しい場合もお気軽にご連絡ください。元技術者の担当者があなたのご希望を技術者目線でしっかりとお伺いいたします。当社で正社員として働き経験を積んだ後は、営業やPCスクールの教育者としての道もあります。

システム開発によって得られる効果

インターネットが一般的になった現在では、ほとんどの企業が自社のホームページを制作・運営しております。
そんな中、様々な用途に応じて、コンピューターシステムを導入する企業が増えており、
今後もさらなる発展が期待されます。 以下の効果をご要望の企業様は、ぜひ当社までご相談ください。

1,業務の効率化とミスの低減

これまで人の手によって行われていた業務が、すべてパソコンのシステムに移行されることで仕事のスピードが速くなり、効率も上がります。 また、スタッフの作業ミスなどによる負担も少なくなり、他の業務に専念することができます。仕事の効率が良いと会社全体の流れもスムーズになり、品質向上に繋がります。

2,人件費の削減になる

業務で必要なデータをその都度すぐに取り出すことができておりますでしょうか。 データが分散していたり、紙ベースの資料が探しづらかったりするとお客さまの依頼にすぐ対応できず、必要以上に時間がかかる場合があります。 そうなると、企業の信頼が失われて大きなダメージを受ける恐れもあるのではないでしょうか。 また、スタッフの労働時間も長くなることで残業が増え、人件費にも影響してきます。 WEBシステム開発を行うには初期コストの負担がかかりますが、長期間利用する事を考えてみるとシステムを導入するほうが人件費の節約になります。

3,情報を迅速に把握できる

損益データや受注状況の情報をすぐに取り出して共有することが可能になります。 また、数字データをリアルタイムに把握できるので、社員の皆さんの意識を向上させる効果が得られるでしょう。

4,新しい市場を開拓できる

インターネット上で利用できるシステムにはさまざまな活用方法があるので、新しく市場の拡大を行うことができます。 情報処理や売上管理、顧客管理、予約システムなど、企業様のご要望(料金面を含め)に合った運用方法を考えることで、多くの企業に対して、それぞれに併せたご提案を行うことができます。

品質の高いシステム開発の提供

当社は企業様のご要望に合わせ、既存のシステムやホームページよりも品質の高い運用のご提案やシステムをご提供いたします。 例えば、「既存システムやWEBサービスが使いづらい」、「社内の組織変更やルール変更に伴い既存のシステムでは対応できなくなった」、「予約システムや自動見積もりをもっとお客様が利用しやすいように工夫したい」など、企業様の様々な要求にお応えできるシステムの導入をご提案させていただきます。 また、企業様の予算や要望に沿ったシステムを他社よりも安くご提供し、納品後も使用時のサポートや、アフターフォローをしっかりと対応いたします。 特に病院やフランチャイズ経営など多くのクライアントや顧客を抱えている企業様や、社員数が多く勤怠管理が煩雑な企業様などからご好評いただいております。 当社ではシステム開発だけでなく、その他システムなどと連携した高度なシステムなど、ワンストップでお客様に合わせたサービスをご提供致します。 現在のシステムに何かしら問題を抱えている企業様は、ぜひご相談ください。

就職活動の際に重視されるスキル

現代では終身雇用制度や年功序列制度を採用している企業は少なくなり、実力主義の社会が中心となりつつあります。 企業を支える人材に注目している企業が多くなり、「学歴」ではなくその人の持っている「スキル」を重視する傾向にあります。 求められるスキルは業種によって異なりますが、一例としてご紹介いたします。

コミュニケーションスキル

社会人のスキルとして、最も重視されるのがコミュニケーションスキルです。仕事を円滑に進めるためには、社員同士によるコミュニケーションが非常に大切になっていきます。社内だけでなく、社外でもこのコミュニケーションスキルが重要になります。昇進し、部下を持った場合には、コミュニケーションスキルがなければ、部下の能力を最大限に発揮させる事ができません。 また、コミュニケーションは相手に対して発した言葉だけではなく、立ち居振る舞いや身振り手振り、表情や目線などのすべてを表します。ファーストコンタクトの際には「立ち居振る舞い」と「目線」によって第一印象が形成されます。良い第一印象を残すことが、コミュニケーションスキル向上の第一歩といえるでしょう。

パソコンスキル

業種により、それぞれに必要な専門的知識や学力は異なりますが、パソコンスキルは多くの企業・業種において共通して求められる必須スキルと言えます。パソコンを学ぶための教材は通信教育やPCスクールなど数多くありますので、自分で勉強する事もできます。しかしどの教材が自分に適してる教材なのか判断するのは難しいと思います。自身のレベルを知り、そのレベルに合った教材で勉強することが最も重要なことです。

社会人だからこそ勉強が必要

社会人として会社で働いていると、業務における知識は常に勉強しつづける必要があります。そして企業も社員にビジネスの基礎となる知識は身につけてもらいたいと考えています。 また、業務外のことも、教養として学ぶ必要があり、教養や趣味を通しての知識などは、会話が弾むきっかけとなります。 上記に記載しましたが、コミュニケーションスキルは社会人にとって最も重要なスキルの一つです。 教養知識を高めコミュニケーション力もスキルアップすることがおすすめです。 社会人がなかなか勉強できないと思っている一番の原因は「時間がない」ことです。ですが、時間を上手く制することができれば勉強はいくらでもできるようになります。 仕事を終えてから学校に通うなどが難しい方は、通信教育を利用することをおすすめします。 通信教育は移動時間や隙間時間を利用し、場所を問わず勉強することができます。忙しい社会人には向いている勉強法ではないでしょうか。 就職活動や転職に有利な資格を取得するのも大切です。まずは自身のスキルアップをすることから始めましょう。 また、通信教育での勉強を検討しているが、料金や内容などで悩まれる方は多いと思います。そういった悩みのある方は一度、当社へご相談ください。